今日から季節としての一年が始まる日 「立春」。気持ちも新たにスタート!!

こんにちは。
光風流家元 内藤正風です。

今日から新しい年ですね!!
。。。

。。。。。
「はぁ~ぁ???」って思われたあなた、正しい反応です(笑)

今日は「立春」です。
「立春」って言っても祝祭日ではありませんので、学校や仕事に皆さん行かれていますよね。
「立春」っていうのは国民の祝日で決められているような日ではなく、「二十四節気(にじゅうしせっき)」という1年を24に分けて季節を表す「雑節」と呼ばれるものの一つなのです。

ダウンロード

二十四節気ってなに?

季節なんてわかっているよ!温かくなってきたら春やんか!!って言われる方もありそうですが、ここでいう季節と言うのは気温とかで決められたものではなく、1年間の太陽の動きを24等分して導き出されているものなのです。
1年は12か月ありますよね。この12か月をもう少し細分化し、そのそれぞれに季節を象徴する名称をつけられているものが「二十四節気」だと思って頂いたらいいと思います。

img_0
この二十四節気の一番最初のはじまりが「立春」になり、今日から一年が始まるという事なので、今日から新しい年ですねと言ったのです。

ちなみにこの立春から新しい年が始まるっていう考え方は決して珍しいものではなく、今も色々なところで行われています。

例えば「鬼門除けのお札」は、立春に新しいものに架け替えます。
「厄年」は節分(立春の前日)に厄が明けると言われています。
風水や古来からの占いなどでも、立春からが新しい年と考えます。

新しい年の始まりは大きく分けると三つ

なので、現在新しい年の始まりとして皆さんの身近にあるのは三通りあります。

●太陽暦(グレゴリオ暦)による新年(1月1日)
これは太陽の動きによる一年の始まりです。

●太陽太陰暦(旧暦)による新年(旧正月)
これは月の動きによる一年の始まりで、毎年変わります。

●二十四節気による新年(立春)
これは太陽の動きを24に分けた季節による一年の始まりで、近年は2月4日です。

「立春」に何かをすると言う方は少ないと思います。
私も今日は特別な事と言えば、鬼門除け札を新しいものに変えたくらいでしょうか(^^;

IMG_8856
けれど今日が春の始まりであり、今日から季節のうえでは一年が始まると思うと、なんとなく背筋が伸びるような気がします。

そんな事を思った、本部いけばな教室のお稽古日です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。