来週開催の「兵庫県いけばな展」は、日頃と一味違う楽しみを生み出すキッカケとして役立てて頂く事が出来ます。

こんばんは。
温帯低気圧が通り過ぎたので、昨夜のうちに屋内に避難させていた鉢植えを元の場所に戻す事から今日の一日が始まった、いけばなの光風流家元の内藤正風です。

 

秋のいけばな展のシーズンに入って、来週から10月は毎週いけばな展の予定があります。
まず来週は「兵庫県いけばな展」が、大丸ミュージアム神戸において開催されます。

img20161006_18181669
会期・・・10月13日(木)~18日(火)
入場時間は10時~19時30分(閉場20時)
但し、15日(土)は17時迄(17時30分閉場)、18日(火)は16時30分迄(17時閉場)
会場・・・大丸ミュージアム神戸(大丸神戸店9階)

私ども光風流からは、前期に3人後期に3人が作品を展示いたします。

前期・・・私、内藤正風。藤本和甫。長谷川弘甫。
後期・・・内藤貴風。長谷川操甫。古家和甫。

いけばな展は特別じゃないので気軽に来てくださいね

いけばな展を見に来てねってお誘いすると
お洒落して行かないといけないの?とか、
お花の見方を知らないから。。。とか、仰られる方がありますが、いけばな展はそう言う肩肘張ったような特別な機会ではありません。

そして、いけばなの作品に見方なんて存在しません。
自分の自由に見て頂いたらいいんです。
美術館とか行かれたら、興味のある作品はゆっくり見て、興味のない作品は適当に流しながら見たりするじゃないですか。
それと同じように、この作品面白いなぁ!とか、この作品好き!!この作品は好きじゃない!!って感じで気軽に見て頂ければいいんです。

いけばな展をキッカケにして、楽しみを生み出してみませんか?

そして会場は大丸ですので、ショッピングとかお食事とかお茶したりとかも含めて楽しんでいただければ良いなぁと思います。
「いけばな」と言うのは、色んなもののきっかけになったり、結びつけたりする力があります。
いけばな展をキッカケにしてお出掛けしていただく。
いけばな展をキッカケに大丸に来て頂く。
いけばな展をキッカケにしてお友達と会ってお茶をしたりお食事をする。
いけばな展をキッカケにしてご主人や奥様と一緒にショッピングを楽しむ。
こんな風に色んな事と結びついたり、色んな楽しみが複合的に生まれたりするのが「いけばな」なんです。

是非皆さん、来週は兵庫県いけばな展をキッカケにして、楽しみを生み出してみませんか?
いけばなをを見る+α(アルファ)=今まで以上の楽しみの誕生!!

楽しい時間を過ごしていただく事が出来ます!!!

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。