門松や注連縄は、なぜ30日までに飾らないといけないのか

こんばんは。
いけばなの光風流家元 内藤正風です。

門松や注連縄は「12月30日までに飾らないといけない」と言われたりしますが、これは何故かご存知ですか。

ちなみに12月29日は飾ってはいけないと言ういわれもあります。
これは、29日は「9」の文字が「く」とも読めますよね。
すなわち「9」→「く」→「苦しむ」に繋がるから避けるという言い伝えによるものです。
日本では古来より「4」は「し」とも読みますので、「死」につながることから避けられる数字ですし、それとともに「9」も避けられる数字でもあるのです。

さて話を元に戻して、門松や注連縄は次の年の歳徳神をお迎えするために飾るものです。
門松はランドマークすなわち目印としての役割、注連縄は結界としての役割があります。

歳徳神は、12月31日の早朝に翌年の歳徳神がそれぞれのお家や会社やお店に来られます。
この歳徳神が来られたときに門松や注連縄がない家は、歳徳神の依り代が無いわけですから「この家には、歳徳神を迎える意志がない」と判断されて家の中へ入られずに、そのままお帰りになってしまわれます。
歳徳神は一年交代で毎年変わられるので、このときに歳徳神をお迎え出来なかったら、翌年はその家に歳徳神はいらっしゃらないことになっちゃいますよね。

ってことは12月31日には今年の歳徳神と来年の歳徳神の両方が存在しておられることになるのですが、これは前任から後任への引き継ぎをなさっていると言う事なのです。
そしてこの引継を終えて、前任の歳徳神は元旦の零時に帰られるのです。

お解り頂けましたでしょうか。
だから門松や注連縄などのお飾りは30日には飾っておかないといけないと言う事なのです。

門松や注連縄は、12月28日までか30日中に飾ってくださいね。

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。