ヒガンバナは、なぜお家に持って帰ると怒られたのか。

今日は朝から良い天気でしたね。シルバーウィーク初日と言う事で、お休みを満喫されている方も多い事と思います。
私はいつものようにシルバーウィークなんてまったく関係のない生活をしています。
もともと私自身、連休の時にお休みが欲しいとも思わないので、改めてお休みを作るようにします(笑)
あっ、そんな光風流家元 内藤正風です。

秋の彼岸が近づくとヒガンバナが一斉に咲き誇ります。この赤色って印象的でとても綺麗ですよね。

ところで、子供の頃にこのヒガンバナを切り取り、お家に持って帰って、ご両親に叱られた経験をもたれている方も多いことと思います。
地域によってはヒガンバナを家に持ち帰ると火事になるとか、色々な理由が言われていますよね。
けれど子供ながらに「それってほんまかぁ~」って思うような理由で、?????って感じていた人も多いと思います。

実はヒガンバナって持ち帰ってはいけないちゃんとした理由があるのです。

ヒガンバナってどんなところでよく見かけますか?
田んぼのあぜ道や、お墓が圧倒的に多いですよね。

ヒガンバナって実は勝手に生えているのではなく、人間が植えたものが始まりなんです。

ヒガンバナは球根なのですが、この球根に毒の成分が有ります。
毒って言ってもチョット触れただけで死んでしまうようなそんな猛毒ではありませんが、多量に接種したら危ないです。

動物はこういう毒とかに対しては敏感なので、ヒガンバナの球根は掘り返したり食べたりしません。
なので動物に掘り返されると困るようなところに、このヒガンバナを植えたのです。

田んぼのあぜはモグラとかに掘られては崩れやすくなっちゃいますよね。
お墓は昔は土葬が普通でしたから、埋葬してすぐに掘り返されては困りますよね。

こういうところにその予防のために人間が植えたので、子供がお花が綺麗だからと言って持って帰ってこられると困りますよね。
食べるものが無いからと言って球根を掘って食べたりなんかしたら危ないですよね。

だからそうならないようにするために、ヒガンバナの花を家に持ち帰ると火事になるとか色々な理由をつけて子供に持ち帰らないように戒めたのです。

ヒガンバナを持ち帰るとなぜ親に叱られたのか。
お判りいただけましたでしょうか。

明日の話題のネタにお役立て下さい(^^)

 

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。