お花を生けている器の水に「氷」を入れると長持ちするように感じるのは、ただの思い込みであり気休めです

こんばんは。内藤正風です。
今日は1日ゴソゴソしていたら、あっという間にこんな時間になっちゃいました。

暑い時期にお花を長持ちさせる為にしがちな ”アノ行動” は、実は逆効果なんです

よく、暑い時期には「お花の水に氷を入れてあげている」って話を聞きます。

もしかしてされています?
お花の入っているお水に「氷」投入~~~

気持ちはすごくわかります。
人間も暑くて参っているのだから、お花も水に氷を入れてあげて冷たくしてあげると元気になるだろうとか、長持ちするだろうと。。。。。
(笑)

結論を一言で言うならば

効果ありません。
ってかハッキリ言って、逆効果です~~!!!

なぜ氷を入れても効果がないのか

確かに氷が ”いつも入っている” と言う状況ならば効果はあります。
氷が入るという事は水温が限りなく0℃に近づくわけですから、水のバクテリアの抑制効果と、冷蔵効果は出てきます。

しかしほとんどの方は、たまたま気が付いた時や、たまたま気が向いた時に氷を入れるわけですから、先に書いた状態には全くなっていないですよね。

まだそれどころか、氷を入れた時には限りなく0℃近くに水温がなり、逆に氷が解けたら限りなく気温に近付いて、今の季節だと35℃とかに近付いたりするわけです。
一日の内に何度もこんな温度差の中にいたらお花も体調悪くなっちゃいます。

一番大切なのは「低水温」ではなく「水を綺麗に保つ」という事

氷を入れて水温を下げておくならば、ず~っとその状態に、気温に近い水温の状態ならば、ず~っとその状態にしておくのが一番です。
ただし、水温の高い場合にはバクテリアが発生しやすいですし増えやすい状況ですから、水替えを小まめにしてあげてください。

人間でも、無茶苦茶にクーラーの効いた部屋と屋外を行ったり来たりしていると体調崩しますよね。
お花にも気温の大きな変動や、水温の大きな変動は良くないのは同じです。

気の向いた時だけお花の足元の水に氷を入れても、効果は見込めないですよ。
まあ気休めと言うか、自分が自己満足出来るという効果はありますが(笑)

お花を長持ちさせる一番簡単にできる方法

以上の理由から、氷なんかを ”たま~に” 入れても効果は無いですよ。

暑い季節はとにかく小まめな水替えを心がけて頂くと、一番お花が長持ちします!!

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください