今夜は恵方巻きを無言で丸かぶり・・・・・ な~んてしません♡ 私は巻き寿司を普通に切って会話とお酒を楽しみながら美味しくいただきます。

こんばんは。
光風流家元 内藤正風です。

今日は節分ですね。
今夜は、巻き寿司を恵方を向いて無言で丸かぶり・・・・・
な~んてしません!!(キッパリ)

だってそんなのムッチャ勿体ないじゃないですか。
なので私は、巻き寿司を普通に切って、会話とお酒を楽しみながら、美味しくいただきます。

ちなみに我が家の巻き寿司はこちら!!

IMG_8853

ホテルオークラ神戸の巻き寿司。
もちろん一人一本ずつ~(^^)v

あぁ~早く食べたい。。。
このブログ書きあげるまで我慢ガマン(^^;

恵方巻きはしても、縁起が良くはならないのですよ。。。

恵方巻きと言う風習(風習と言えるのかなぁ?(笑))は、そもそも日本の古くからの伝統では全くありません。
恵方巻きと言う言葉自体も、2000年頃くらいからコンビニが言い始めて呼ばれるようになった呼称で、それまでは節分の巻き寿司とか丸かぶり寿司とかって呼ばれていたように思います。

それに巻きずしを一本丸まま食べるっていうのも、江戸末期から明治初期頃に大阪の商売人が節分に商売繁盛を祈願して行っていたという説や、花街で縁起担ぎのお遊びとして、遊女が贔屓の旦那さんの一物(男性器)に見立てた太巻きを丸かぶりしていたと言う説や、諸説かなりあるようです。
しかしいずれの説も、古来から恵方巻きが風習として伝わっていて、恵方巻きを行うと縁起がいいとか願い事が叶うとか幸せになれるっていう根拠になるものでは無いようです。
(^^;

お寿司と海苔の業界や、恵方巻きに関連のある業界のために、皆さん節分には太巻きを食べましょう~~!!!

そんな中で事実としてハッキリ記録に残っていて一つ言えるのは、昭和に入ってから寿司業界と海苔業界が販売促進のために、節分の丸かぶり寿司のキャンペーンを行ったという記録はちゃんと残っているそうです。(笑)
まあバレンタインデーとかと同じで業界団体の努力の賜物って事です。

仕掛けたお寿司と海苔の業界の皆さんは、してやったり~~!!!って感じでしょうね。
(^^)

私は太巻きは食べやすい大きさに切って、会話を楽しむと共に、これに合うお酒を楽しみながら頂きます。

私が太巻きを恵方を向いて一本無言で食べるという事をしないのは、はっきりとしない理由(私にとっては何の価値も感じない理由)で丸かぶりをするというのに抵抗を感じるというのが理由の一つですが、それ以上に私にとっては食べ物を粗末にしているように感じるのが丸かぶりをしない一番大きな原因です。

お寿司と海苔の業界発展のために太巻きを食べるのは大いに賛成です!!
いろいろな業界をみんなでこうやって支えていくのは、とっても素晴らしい事だと思います。
だからこそ私は、お寿司をちゃんと味わって美味しくいただきたいのです。

美味しいお寿司を一本丸まま食べるだなんて、凄く勿体ないじゃないですか。
恵方巻きだから味わうものじゃないなんて言うのはおかしいですよね。
折角の美味しいお寿司ならば、美味しいお酒と共に頂いてもっと満喫したいです。
美味しいお寿司ならば、家族や仲間とその感想を言ったりしながら食べたいです。
なので私は、太巻きを一本丸まま一気に食べるだなんて、凄く食べ物を粗末にしているように感じてしまうのです。

さあそれでは「いただきます」

さあそれではこれから、お寿司(太巻き)を頂きます。
食べやすい大きさに切って、恵方を向かず、会話を楽しみながら、美味しいお酒と共に頂きま~す(^^)

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。