「気」や「運」や「学び」は、「水」と同じで滞らせると腐ってしまいます。良い流れを作るためには、まず自分からアウトプットするのが一番の近道です。

こんばんは。
今日は朝から会議や講習会やで、今やっとパソコンの前に座った、いけばなの光風流家元 内藤正風です。

お昼に移動の車の中で、そうだよなぁー!って改めて思ったことがあります。
それは、
”「気」や「運」や「学び」というものは、「水」と同じで滞らせると腐ってしまう”
って事です。

「水」は器に汲んで置いておくと、必ず痛んでしまいます。
バケツに汲もうと、コップに汲もうと、お花を生ける壺であろうと水盤であろうと、とにかく水を器に汲んでそのまま置いておくと必ず腐ってしまいます。
しかし、流水は腐りません。
例えば川の水は、水源から海までどんなに長い時間が掛かっても腐る事はありません。
そこに流れが有ると腐らないのです。

実はコレと同じ現象が起こるのが、「気」や「運」や「学び」なのです。

「気」や「運」から流れの大切さを考える

「気」は風水などで良く取り上げられるように”流れ”と言う事をとても大切に考えます。
なぜならば、流れが滞ると「良い気」が悪くなってしまうからです。

この有名な例が、香港にある建物「ザ・レパルス・ベイ(The Repulse Bay)」です。
この建物、テレビや写真でご覧になられたことありませんか?

 

建物の真ん中に穴が開いているでしょう?
これって実は、この斜面には山から海に向かう重要な「気」の流れが有る場所で、その山からの「気」を建物でふさいでしまって滞らせてしまう事が無いように開けられているのです。
風水では「気」の流れが滞ると良くない。。。というか悪い事が起こると考えられているんです。

「運」も同じです。
良い事が立て続けに起こっている時は、もっともっと続くように「運」を自分一人で取り込もうとしますよね。
ところが「運」を自分一人で独り占めしたいと思った瞬間から、「運」は集まってこなくなります。

これって何故だかわかりますか?

吸いたければ、まず吐く事が重要です

呼吸を考えてみれば解りやすいと思います。
息を吸いたいと思って吸いますね。もっと吸いたいと思って吸います。もっともっと吸いたいと思って吸います。
するとどうなりますか?
吸えば吸うほど、段々吸える息の分量が少なくなっていって、最後には全く息を吸う事が出来なくなっちゃいます。
そして息が吸えなくなると息苦しくなってきますよね。

息を一杯吸いたいと思ったら、まず吐く事が大切なのです。
息を吸ってばかりと言うのは、息の流れを滞らせているに他ならないのです。
シッカリと息を吐けば、その分だけイッパイ息を吸う事が出来るのです。

アウトプットする事で得られる、より高いレベルの「学び」

「学び」も同じです。

講習会やセミナーで色んな事を勉強されている方が沢山おられます。
そういう方の中で、一生懸命学ぶ事ばかりに意識が行ってしまっている方が案外多いように思います。
先程の呼吸の例のように、吸いたければまず吐く事が重要なのです。
すなわち学びと言うのは「インプット」ですよね。
しっかりと「インプット」したいと思うならば、しっかりと「アウトプット」する事が重要なのです。

講習会で学んできたことを周りのお友達に紹介する。あるいはブログやFacebookなどで文字にして書いて皆さんに紹介する。
これ全部「アウトプット」です。
高い受講料を払われていたら、そんな大切な事を他の人に教えたくないですよね。
その知識や技術は自分だけのものにしておきたいって思いますよね。
そんな事をするから、頭の中には存在していても実際に使いこなす事が出来る役立つ学びに結びつかないのです。
そして役立つ学びに結びつく事が出来ないということは、すなわちそれ以上の学びや気付きが、いくら経っても得られないってことなのです。

「いけばな」もバトンをつなぐリレーのように「流れ」が一番大切なのです

いけばなも同じです。
先生から教わったことを、自分のところで留めてしまっているから、大きな学びに結びつけることが出来ないのです。
先生から教わった事は、どんどん周りのお友達やお弟子さんに紹介することで、良い流れを得る事が出来るようになります。

だって、私たちがしている「いけばな」とは、先生から生徒さんに伝えていく事で、約700年の歴史を積み重ねてきています。
すなわちこれは、リレーのバトンを渡すように先生から生徒さんにバトンを渡していくという流れの中で、歴史を積み重ねると共に発展してきているということですよね。

先生から習ったことを次代に伝える事をしないということは、そこでバトンが滞ってしまい、「水」でいうと腐ってしまうという事であり、「気」でいうと「悪い気」になってしまうと言うことが、あなた自身に起こって来ると言う事なのです。

「流れ」を作ることで、その流れに乗って幸せもやってきます。

「気」も「運」も「学び」も全く同じで、流れるからこそ発展や進歩が有るのです。
「気」も「運」も「学び」もそこで滞ってしまうということは、自分自身の「運気」をも下げてしまい悪くしてしまう事に他なりません。

私は運が悪いと思っている人、良い事が起こらないなあと思っている人、幸せになりたいと思っている人、自分に欲しいものを取り込もうとせずに、まず出す事から行ってみませんか。
入れるよりも出す。インプットよりもアウトプット。溜めるよりも遣う。

良い「気」や「運」や「学び」が欲しければ、まずは自ら進んで流れを作るのが一番の近道だと思います。