暖房したお部屋に生けているお花を、長く楽しむために注意するべき2つの方法

こんにちは。
今日は友達のエイサクこと藤川拓人さんの経営する美容室「アピエ」に来て、キレイ綺麗にしてもらった、いけばなの光風流家元 内藤正風です。

img_6598

 

先日から急に寒くなってきましたよね。
この寒波でお家や会社で暖房を入れられるようになった方も多い事と思います。

ここアピエも暖房が入ってとても過ごしやすくなっています。
そんなお店の待合いには、エイサクの二男のノア君がお花を生けてくれています。

img_6589

基本的に気温が下がってくると、お花は長持ちするようになってきます。
これは気温が下がる事で、お花の細胞活動が低下し長持ちするようになるのです。
しかしここで注意が必要なのは、実はこれからの季節とにかく何でもお花が長持ちするのではないって事をご存知でしょうか?

どういう事かと言うと、
これからの季節は、お部屋に暖房をするようになってきますよね。
エアコンやファンヒーターやストーブなどでお部屋が居心地の良い温度になっています。
しかし実はこれって私達人間は居心地がいいのですが、お花にとっては過酷な環境になっちゃっている場合があるのです。

img_6398

 

お花にとって過酷な環境になっちゃっている原因 その1

暖房をすると空気が乾燥してしまう。

植物は根元から水を取り込んで、葉っぱから蒸発させています。
この葉っぱからの蒸発が、暖房でお部屋の空気が乾いてくると、どんどん活発に行われるようになって、根元からの水の吸い上げよりも沢山蒸発が行われるようになってきます。
すると、葉っぱに送る水分の供給が追い付かず、葉が乾燥してしまいカシャカシャになっちゃったりするのです。
軽い状態ならば、葉っぱの先が乾いてしまいドライ状態になっちゃっていたり、花びらの先が乾いてしまってドライ状態になっちゃっていたりします。

なのでお花を飾るのは、エアコンやファンヒーターの風が直接当たるような環境や、暖房の温もりがダイレクトにあたるような場所は、是非避けてください。
そして空気が乾燥しているなぁって思われるときには、加湿器をかけたり霧吹きをしてあげたり出来ればなお良いです。
ってかそんなに空気が乾燥しているお部屋は、人間にとっても良くないですよ!!
空気の乾燥は、風邪とかひきやすくなりますし、湿度が低いと同じ温度でも寒く感じますよ。

お花にとって過酷な環境になっちゃっている原因 その2

冬は寒いので、お水は減らない、お水は傷まないと思うのは大きな間違いです。

気温は寒くても、お部屋の中は暖房で温度があります。
温度が高いうえに暖房で空気が乾燥しているので、器に入っているお水は、お花が吸うお水+蒸発するお水で、思われる以上に減ります。
そして温度が高いので、お水はそれなりに痛みます。

水盤だったら水が直接見えるので、減っていたり傷みかけている事にすぐに気付くのですが、花瓶(壺)は要注意です。
お花は綺麗でも、壺の中は見えないので、お水がとても減っていたり、思わぬほど汚れていたり傷んでいたりすることが多々あります。

なので、お花の様子だけを気にするのではなく、器の中のお水の様子にも気を付けて頂きたいと思います。
あと、お水が減ったら足すだけではなく、お水を替える事もお花を長持ちさせるには大きな効果がありますよ。

この2点を注意していただくだけでも、これからの季節、暖房したお部屋でのお花の日持ちが大きく変わってきますよーー
是非実践してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。