二日酔いに効くと言われる漢方の「敬震丹」は、お酒を飲んだ翌日に効果を発揮します

こんばんは。
いけばなの光風流家元 内藤正風です。

昨日の私のブログで
二日酔いに効く漢方「敬震丹」を、藤巻サンタさんがクリスマスは過ぎているけど届けてくれました
って記事を書いたのですが、今日はその検証をブログに書きたいと思います。

「敬震丹」はお酒を飲んだ翌日に効果があるのか?

結果から申し上げます。

ドルルルルルルルルルル・・・・・・

効果あります!!!

いつも(これまで)に比べると、目覚めスッキリな感じと、お酒が残っている感が無いように思います。

まあ今回一回だけの感想ですから、たまたまかもしれませんが(笑)(笑)(笑)
ただ、このほかにも感じた事が有るので、これからご紹介したいと思います。

昨日の飲食を振り返る

昨日は、いつもお世話になっている和歌山の中筋工務店の社長の中筋正浩さんとオーラス忘年会をしてきました。
中筋工務店のBlogはこちら

中筋さんとは、鉄板焼き→中華料理→餃子屋→馬肉料理の四軒のお店をご一緒させて頂きました。

15741224_1218112864936290_718364048492987366_n
まあさすがにこれだけのお店を回ると満腹です(笑)
そして飲んだのは、ビール・紹興酒・芋焼酎を頂きました。
まあ軽~~くチャンポンぽい感じですね(笑)(笑)

これだけの飲食で翌日スッキリ目覚めているのですから、効果があったと言っていいんじゃないでしょうか。

「敬震丹」の服用

「敬震丹」は飲食の始まる30分くらい前に飲みました。

「敬震丹」自体は写真のように一回分ずつ取り出しやすいように1cm弱の四角い板状になっています。

img_8137

 

これを一つ取り出して口の中に入れます。
結構漢方薬っぽい匂いが強くしますので、この香りが口の中に広がってから水やお茶で飲みこんだら良いそうなのですが、昨日のわたしはこの一片を口に含んで、そのまま溶けちゃうまで口の中に含んでいました。

結構特徴ある香りが強くしますので、私は大丈夫でしたが、この香りに弱い方はお茶やお水で強制的に流し込まれたらいいと思います。

「敬震丹」を服用して起こった三つの効果

「敬震丹」を服用した効果 その①
飲食している時に感じたのは、いつもよりもサッパリとした感じの酔い方だなぁって思いました。
酔わないわけではないのですがスッキリしている感じなのです。

「敬震丹」を服用した効果 その②
帰宅して寝ている時に、凄く暑かったです。
いつもと同じように布団に入って寝ているのに、寝汗を凄くかいていました。
「敬震丹」の説明に、漢方には気・血・水という考え方が有り、この「敬震丹」は、足りない気を補い、気の通りをよくして、気を巡らせるようにする漢方薬と書かれていますので、まさに気・血・水の巡りが良くなったのかなあなんて感じました。

「敬震丹」を服用した効果 その③
そして最初にも書いたように、今朝は目覚めスッキリな感じと、お酒が残っている感が無いように思いました。

 

「敬震丹」って、ちっちゃな一片のものなのですが、このように凄く効果があるように思います。
まあただ昨日一度だけの事なので、たまたまなのかもしれません。
体調が良くてお酒が残らなかっただけかもしれません。
たまたま寝室が暑く感じただけかもしれません。
「敬震丹」を飲んだっていう思い込みだけかもしれませんしね(笑)。

 

漢方なので飲んでも悪影響はないでしょうから、興味のある方は岡山の柿の木薬局のメガネ店長、藤巻浩二さんに連絡してみてくださいね。
柿の木薬局のホームページ

 

ってことで、本日も「敬震丹」のテストのために、少し芋焼酎を頂いてみるとします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。