お彼岸に食べる「彼岸団子」と「ぼた餅」の違いについて

こんばんは。
いけばなの光風流家元 内藤正風です。

 

溜まりに溜まって首もまわらないくらいになっていた雑務も、何とかここ数日でひと段落させる事が出来、ホッとしています。
スッカリ片付いたわけではありませんが、とりあえずお尻に火がついてボーボー燃え盛っている状態は脱っしたようです(笑)(笑)

今週末は彼岸です

さて今週末は「彼岸」です。
彼岸は春と秋の二回あり、二十四節気の1つでもある「春分の日」と「秋分の日」を中日として、前後3日づつを加えた1週間の事を言います。
ちなみに今年の春分の日は3月20日ですので、春の彼岸は3月17日から23日までの期間となり、3月17日を ”彼岸の入り” 、3月20日を ”彼岸の中日” 、3月23日を”彼岸明け”と言います。

お彼岸の事については昨年9月に、
お彼岸って何かご存知ですか?そしてなぜ春と秋に2度あるのかご存知ですか?
のBlogで取り上げさせて頂きましたので、興味のある方はこちらをご覧くださいね。

「彼岸団子」と「ぼた餅」

彼岸の頃に食べる「彼岸団子」や「ぼた餅」ですが、以前に、同じものだと思っている方がおられることに驚いたことが有ります。
「ぼた餅」を見て「彼岸団子」って言われたのです。

きっとその人は、お彼岸に食べる丸くなったものなので「ぼた餅」の事を「彼岸団子」って仰られたのだと思います。
その気持ちはわかるのですが、一方は”餅”、もう一方は”団子”なんですから、同じ丸い食べ物であっても全く別物なのです。

「餅」と「団子」は何が違うのか?

「餅」とは、もち米を蒸してからついたり練ったりして作られたもののことをさしますし、「団子」は、穀物をいったん粉にして、その粉を水などで丸めて茹でたものの事を言います。

 

ぼた餅は、お米(もち米)を蒸してついて作ったもの

団子は穀物をいったん粉にして、その粉を水などで丸めて茹でたもの

 

違いをお分かりいただけましたでしょうか。

って事で今日は、もう少し雑務を片付けておきたいと思いますのでこれにて。