「年齢を重ねる」ということと「老ける」ということは、全く違う別の事だとご存じですか

こんばんは。
いけばなの光風流家元 内藤正風です。

今日は1日中いけばな教室を開催していました。

午前中はカルチャーセンターの教室。午後は光風流本部いけばな教室のお稽古。
こういう感じのスケジュールの日は、1日があっ!という間に過ぎてゆきます。

そんな中、今日は幹部の先生と「老ける」と言う事について話をしました。
老けるとは年齢を重ねるということとは違うと思っています。
年齢を重ねる事で、今まで感じなかった事が感じる事が出来るようになったり、今まで見えていなかったものが見えるようになってきたりして、中々に楽しいものなんだな~と私は感じています。

「老ける」と言う事についてこれから書く事は完全な私の主観なので、反論されてもどうしようもありませんのであしからず(笑)

内藤的「老ける」の定義

私の「老ける」の定義は、年齢ではありません。
私が、あ~この人老けたなぁ・・・と思うのは、次の2つのうちのどちらか一方でも該当した場合に「老ける」認定をしています。
その2つとはコレです。
1つ目は、物事への興味を失う。
2つ目は、柔軟性を失う。
まだ60歳代なのに「老けた」と思う方もおられます、80歳を超えていてもそんな感じがミジンもない方もおられます。

老け その1 「物事への興味を失う」

1つ目の「物事への興味を失う」と言うのは、言い換えれば ”向上心が無くなる” と言う事でもあります。
例えば「私パソコン解らないから~」って言われる方が有ります。
これって解らないのではなく、解ろうとすらしていないという事です。

解るようになろうとしていない事の何が問題かと言うと、そもそもパソコンでどんな事が出来るのかすら知らないと言う点です。ちなみにパソコンが使えるか使えないかと言う事を言っているんではないですよ。
今パソコンでどんなことが出来るようになっているのかすら知らないということは、今の時代の感覚や価値観が理解できなくなっていると言う事です。

今の時代の感覚や価値観が理解できなくなるとどうなるかと言うと、まず最初に「私パソコンわからないから」っていう言動になるます。そしてその次のステップではパソコンを使っている人を攻撃する言動や非難する言動になります。
こうなっちゃうと他の人に悪い影響や迷惑を与えるようになってしまっている事にすら気づく事が出来なくなってしまっているのです。

もうこうなると「老けた」と認定せざるをえません。

老け その2 「柔軟性を失う」

2つ目の「柔軟性を失う」というのは、言うなれば人の言うことに耳を貸さなくなる、あるいは自分の思い込みが勝ってしまうと言う事です。

人の言うことに耳を貸さなくなるとどうなるかと言うと、今の時代の感覚が解らなくなってしまうのは言うまでもありませんが、それ以上に、今いるグループやコミュニティーで浮いてしまったり孤立してしまうと言う事につながるのです。
こういう状態になると人は、自分の意にそぐわない人の事を悪く言ったり、自分にみんなの注目を集めるために変な言動を起こしたりするようになってしまいます。
自分は絶対的に正しいなんて言い始める事もあります。

もうこうなると「老けた」と認定せざるをえません。

自分の得意な土俵や自分の陣地にずっといれば楽です。
しかしそれは「老い」の第一歩に他ならず、魅力的な年を重ねることは不可能になってしまいます。
年を重ねる=老けるではありません。
光風流の先生方には、いつまでもカッコいいシャレオツなお爺ちゃんお婆ちゃんでいてもらいたいと心より思います。