対立の視点で考えるから、何も解決できないし自分自身がしんどくなるのです。

移動のバスの中からこんにちは。
いけばなの光風流家元 内藤正風です。

 

今日はこれから、友達と一緒にあちらこちらに行ってきます。
まだ詳細は発表できないのですが、みんなで一緒にイベントをやろう〜って準備をしています。
たぶん今日で皆さんに概略くらいは発表させていただく事が出来るようになるのではないかと思っています。
乞うご期待くださいね。

で、そんなこんなでバスで移動中にブログを書いてアップしているところです。

いけばなから学ぶ「対立からは何も生まれない」って事

「いけばな」をはじめ、日本に古くから伝わる考え方に「陰陽(いんよう)」と言うものがあります。

ちなみにウイキペディア先生によると。。。

「陰陽」とは、中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つのカテゴリに分類する思想。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つの気であり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる 。
このような陰陽に基づいた思想や学説を陰陽思想、陰陽論、陰陽説などと言い、五行思想とともに陰陽五行説を構成した。

と書かれていますが、こんなん読んだらますます意味不明になりますよね(笑)(笑)

「陰陽」って聞いて ”なんじゃらほい?” って思われる方も多いでしょうが、「表裏」「明暗」「昼夜」と言うように置き換えると解りやすいかもしれませんね。

ここで重要なのは、一般的に「陰陽」とか「表裏」「明暗」「昼夜」って聞くと、相反し対立するものと言うように思われがちですが、実はこれって一体のモノであり共存するものだってことなんです。

陰があれば陽があり、陽があれば陰がある

例えば「表と裏」で考えてみましょう。

手のひらと甲

上の写真の様に、手には表と裏が有りますね。
仮に手のひらの側(写真で上向いている方)を裏、手の甲の側(捨身で下向いている方)を表とします。

これどちらか一方だけでは、手は成立しないですよね。
手には表(手の甲)も裏(手のひら)も必要なんです。
両方備わっていて初めて手の役を果たすのです。

これって、陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、互いが存在することで己が成り立つって考え方になります。

陰が弱くなれば陽も弱くなり、陰が強くなれば陽も強くなる

次に「明暗」で考えてみましょう。

光と影

太陽の光が当たれば、影が出来ますね。
これは陽の光が当たっているところが明るくて、影が出ているところが暗いって事です。
そしてこの影って、陽の光が強く当たれば当たるほど強い影になって現れます。
陽の光が弱くなればなるほど、影も薄くなります。
すなわち、強い光が有るから強い影が有り、弱い光には弱い影が有るって事ですよね。

これは陰陽が互いにバランスをとるように、陰が弱くなれば陽も弱くなり、陰が強くなれば陽も強くなるって考え方です。

陰が多くなれば陽が少なくなり、陽が少なくなれば陰が多くなる

今度は「昼夜」を考えてみましょう。

地球

地球には昼夜が有りますよね。
太陽が当たっている間は昼間で、太陽が当たらなくなると夜になります。
昼の次には必ず夜が来て、夜の次には必ず昼が来ます。
言い換えれば、夜が有るから昼が有るのですし、昼が有るから夜が有るのです。

これは陰陽というものは、おたがいに影響を与え合いながら変化してゆくと言う事で、一種の「リズム変化」です。
陰が多くなれば陽が少なくなり、陽が少なくなれば陰が多くなると言う考え方です。

敵対する考え方は、森羅万象の定めには無い

「陰陽」とは、こんな風に相対するものではなく共存するものと言う考え方を、古来日本人はして来ているのです。

って言うか、敵対の構図に当てはめようとするから、何よりもまず自分自身がしんどくなっちゃうのです。

これってお仕事や日常でも同じじゃ無いでしょうか?

商売敵(しょうばいがたき)という敵対の考え方。
雇用主と雇われ人と言うお互いに向き合う考え方。
モノを売る側と買う側と言う考え方。

こんな考え方するから、しんどいんだと思います。

「いけばな」で言うと、先生と弟子は向き合う関係ではなく、お花を生ける事を通じて自らを高め合う仲間。お花屋さんは一緒にいけばな界を発展させる仲間。と言う様に考えています。

敵対の考え方からは何も生まれないし、自分自身が疲弊しちゃうだけなんです。

人を憎む心からは何にも生まれないですよーー。