服と同じように「いけばな」にも ”カジュアル” なお花から ”フォーマル” なお花まで、楽しみ方は幅広いのです。

こんばんは。
いけばなの光風流家元 内藤正風です。

 

突然ですが、お花を生けるって、特別な事だと思っていませんか?

お花を生けるって正式な場面でとか、ホテルとか旅館みたいなところでの事とか、自分の日常とは全くかけ離れた存在だと思っていませんか。

お花って実は凄く身近で日常の中で楽しんでもらうものなんです。

えぇ~~~~っ。。。そんなん家元だから言っているんやんか~~。って思われたあなた。
じゃあ、皆さんご飯を食べるってどうですか?
毎日来ている服(ファッション)ってどうですか?

ご飯って一口に言っても、手軽に食べるファーストフードから、ホテルなどで頂くディナーまでありますよね。
あるいは服も、作業服や普段着から正装までありますよね。

お花も同じなんです。
気軽に生けるカジュアルなお花から、ここぞって時に生けるフォーマルなお花まであります。

ココで質問です。
お家で正式なフランス料理を毎日食べますか?
普段は家庭料理ですよね。
ってか、毎日家でフランス料理のフルコースが出てきたら、いやですよね。
(笑)
お家でくつろぐときにタキシードやドレスを着ますか?
GパンにTシャツだったり、スエットにトレーナーだったりしますよね。

お花も同じです。

カジュアルなお花と、フォーマルなお花

お家で普段は気軽に手軽にお花を楽しむ。
例えばグラスに一輪の花を挿してテーブルに飾る。
お皿に水を張ってお花を浮かべる。
飲んで空になったお酒のボトルにお花を挿してみる。

これすべてが「いけばな」なんです。

お客様が来られる時や、節目の行事の時に、少し豪華にしたり華やかにお花を飾る。
水盤や壺にお花を生ける。
何種類かのお花を取り合せて豪華に挿してみる。

これもモチロン「いけばな」です。

お花の本数が多いとか少ないとかなんて全く関係ありません。
決められた形に生けてある必要なんて全くありません。

お花を生けて楽しむ。
お花のある空間を楽しむ。
お花を話題のネタにして会話を楽しむ。
こんなに素敵な「贅」を、こんなに手軽に楽しむ事が出来るものは、他にはないと思います。

高価な家具に囲まれた贅沢ではなく、自分やご家族の心のゆとりや満足と言う贅沢がこれからの時代の豊かさだと思います。

上手に生けるとか綺麗に生けるなんて考える必要はないです。
お花を生ける器も、水が溜まれば何でもいいんです。
花一輪でいいんです。
気持ちのおもむくままに、挿す。とっても手軽だと思います。

まずはお花を飾ってみませんか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。