忙しくて、いつもいつも時間が足りないと思っている人は自分でその泥沼に足を踏み込んでいるのです。その解決のキーワードは「事の取捨選択と順序立て」にあります

こんばんは。
今日は兵庫県の三田市にあるホテルで目覚めて、朝イチから「兵庫県いけばな展(三田市会場)」に展示している作品の手直しを行い、その後オープニングとテープカットに列席し、それから兵庫県いけばな協会の研修に参加してきた、いけばなの光風流家元 内藤正風です。

img_5908

オープニングが始まる前の「ガラ~ン」ってしている会場入り口で(笑)

秋はいけばな展のシーズンです。
この時期には「紅葉のもの」や「実りの物」をはじめとして、日本人の心象を刺激する今の季節ならではの素材が多く、連日どこかで「いけばな展」が開催されています。

私も今月は自分の作品を展示するいけばな展の予定が毎週入っており、それなりに忙しくしています。
特に「光風流いけばな展」を来週末の28日~30日に開催しますので、この作品作りの指導とかもありますので、結構毎日ジュルスケ(スケジュール)パンパン(いっぱい)になっています。

私はよく友達や仲間から「いつも色んな所に行かれていて行動範囲広いねぇ」って言われたり、「毎日忙しいでしょう!!」って言われたりします。
「よく身体がもつねーー」とか、「いつも元気やねぇーー」って言われたりもよくします。
まあ私にとっては日常なので、そうかなぁーー?って思っています(笑)
だって、忙しいって全然思っていないですから。

「忙しい」の大半は自分で忙しくしている

世の中には口を開けば「忙しいー」っていつも言っている人や「時間がない」っていつも言っている人、「私ばかりがいつもさせられて・・・」って言っているような人を良く見かけます。

こういう言葉を連発している人に限って、ほんと忙しそうです。
横から見ていてヒーヒー言われています。
そしてこういう人って、忙しい時と落ち着いている時があるのではなく、年がら年中同じ状態なんですよね。
要するに「時間の使い方」が下手なんだと思います。
下手というか、自分でちゃんとコントロールできていないんだとおもいます。

時間の使い方とコントロール

時間ってこの地球上で、唯一全ての人や物に平等に与えられているものです。
例えば1時間は全ての人や物にとって60分であり3600秒であり、同じ長さですよね。
1日の長さも同じです。

って事は、この時間の使い方やコントロールの仕方次第で、同じ時間を過ごしていてもその内容はまるっきり違ったものになるって言うことです。

私が拝見していると、いつも忙しい忙しいと言っている人は時間の使い方と計画の立て方に間違っている部分があるように感じます。

計画の立て方の基本は、絶対にしなければならない事とそうでないことの選択

しなければならないって思っている事のうち、大半は思い過ごしです。自分でしなければならないって決めつけているだけです。
ってか絶対にしなければならない事なんて、ほとんどありません!!

だって代わりのきかないものなんて殆どないんですから!

日本で唯一無二の存在である天皇陛下も、体調がすぐれず入院なさったりなさるときに、必要ならば皇太子殿下が臨時代行をなさるのです。
ってことは、あなたがしている事のうち全部とは言わないですが、その大半はあなたでなくても良いと言う事をまず念頭に置くべきだと思います。

ここを間違えるから話がややこしくなっちゃのです。

その上で、あなたが絶対しなければならない事をリストアップしてください。
誰かに頼まれたとか、私がする習慣になっているとか、誰もしないから私がしないと仕方がないとか、そう言うことはしなければならない理由では全くありません。

たぶん「しなければならない事」は、ほとんど無くなっちゃうはずです。
だって大半の事は他の人でもできるのですから。

しなければならないと思っている内の大半の事はあなたである必要はないです。
あなたが会社を休んだら会社が倒産しますか?
あなたが家事を休んだら家族の誰かが死んじゃいますか?
あなたがその食事会に行かないと、食事会が無くなっちゃいますか?
・・・・・

あなたが会社を辞めたら、他の誰かがその仕事をします。
あなたが入院したら、家事は家族の誰かがします。
あなたが行かなくてもその食事会は他のみんなで楽しく開催されます。

ほら、自分で勝手に思い込んでいたり決めつけているだけなんです。

ポイントは「事」の取捨選択と順序立て

あなたの忙しさの大半は、自分の思い込みや決めつけを原因に「事の取捨選択と順序立て」が出来ていないって事なんです。

「事の取捨選択」とは、要するに、それはあなたがしなければならない事ですか?って事です。
あなたが監督や指導しながら、周りの人に振ったら良い事はイッパイあるはずです。
まだまだ任せられないとか、私しか出来ないなんて、そういう思いの大半は単なる思い込みでしかないです。
他の人でも出来る事まで自分で背負い込んでいて、自分がするべき事とそうでない事がゴッチャになって手一杯になっちゃっているだけなんです。

「事の順序立て」とは、今しないといけない事なのか別の機会でいいのかって事です。
例えば、時間がないとか忙しいとか言いながら今しているその会話は、今しないといけないの?
後で電話で話したりラインで事足りるならば、そこで時間を割く必要はないですよね。

あるいは、今している作業、それは今しないといけない事なの?
事前にやっておけばよかった事であったり、日を改めてしたらいい事ならば、今この時間を浪費する必要はないですよね。

とにかくやりましょうっていう、終わりの時間を決めずに行動して無意味に時間を浪費しているような事もありませんか?

今すぐにしなければならない事
しなければならない事
しなくて良い事(してもしなくても良い事はしなくていい事です)
これらをちゃんと区別し選択する事が大切なんです。

そしてこれらを実践していく中で、あなたでなければ出来ない事、あなたでなければならない事を増やして行く事こそ、人生が楽しくなり人生を満喫できる事なのです。

出来る人は時間のコントロールをして、人生を満喫しています

ハッキリ言います。
自分の時間を大切に出来ない人は人の時間も大切に出来ていないです。
浪費と言うとお金って思われがちですが、時間の浪費は絶対に取り返す事が出来ません。

沢山の事を行い成果を出している人ほど、時間のコントロールをされています。
自分の趣味や家族との時間をしっかりと楽しまれています。
そういう人たちを見ると、もっともっと私もそうなれるようにしなければなぁって思います。

忙しい忙しいと言われている人の方が、時間に振り回されて仕事も趣味も家族との時間も中途半端になっているように思います。

なんでいつもいつも、のべつまくなしにこんなに忙しいんだと思われている人や、いつも私ばかりにする事が回ってくると思っている人は、一度自分の時間の使い方を見直してみてはどうでしょうか。
自分の時間は自分でコントロールしなければ、逆に時間に振り回されちゃうばかりですよ。

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。