「いけばな展」ってウキウキワクワクが連なってやってきて人生を豊かにしてくれる、とても楽しい機会なんです

こんばんは。
いけばなの光風流家元 内藤正風です。

今日は大丸ミュージアム神戸で開催している「兵庫県いけばな展」の会場ではなく、終日教室でお稽古をさせて頂きました。

14590514_1188796244524979_8761120123664745321_n

 

っていうのも、今月末の29日(土)~30日(日)には「光風流いけばな展」を開催しますので、その作品の準備も本格化してきています。
なので、今日は一日中教室にて時間を過ごすようにしたのです。

作品作りの指導をさせて頂いたり、いけばな展の運営に関する事を準備したりと、結構忙しい一日になりました。
まあ先週の水曜日から兵庫県いけばな展以外に、ほぼほぼ仕事らしい仕事を何もしていませんでしたので、まあ当然っちゃあ当然なんですが。。。。。(笑)

いけばな展ほど楽しくてウキウキワクワクする機会は、そんなに沢山は存在しないです

いけばな展は私にとって、とても楽しい時間を過ごせるウキウキワクワクする時間なんです。

まず第一に、いけばな展に展示する作品作りがウキウキワクワクします。

作品を作るっていうのはムッチャクチャ集中できるし、楽しい時間でもあります。
材料と向き合い、どんなふうに生かすかを考え、一つづつ形にしてゆく。
イメージがパッと出来上がる時、試行錯誤の繰り返しになってしまって悶々とする時。
色んなときがありますが、どんな場合でもその全てが楽しい時間です。

そして第二のウキウキワクワクは、会場でいけばなの仲間と出会い、自分の作品だけではなく仲間のみんなが生けている作品を目にする事で受ける刺激も、とてもウキウキワクワクします。

会期が始まって、会場にお越しくださった友達や仲間や光風流の皆さんと出会い、お話しさせて頂く時間もとても幸せで、毎回楽しみでならない第三のウキウキワクワクです。

このウキウキワクワク感は光風流でお稽古されている皆さんや、いけばな展を見に来てくださった一人でも多くの皆さんに体験してもらいたい、一緒に共有したいといつも思いますし、この体験を通じて皆さんの人生を豊かにしてもらいたいなぁと思っています。

明日はいよいよ「兵庫県いけばな展」の最終日となります。

先週木曜日から開催している「兵庫県いけばな展」も、13日(木)~15日(土)の前期、そして16日(日)~明日の18日(火)の後期と、なんとか無事に乗り越える事が出来そうです。

ちいなみに明日は最終日と言う事で催し替えのために、入場できる時間が16時30分までとなっております。
明日行こうって思っておられる方は、お時間くれぐれもご注意くださいね!!

img20161006_18181669

 

明日は一日中会場にて、お越しくださった皆さんにお出会いさせて頂き、お話しさせて頂けるのを楽しみにしています。

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。