スーツの上着のポケットのふた、出しっぱなしにしちゃっていたのですが、そこにはとても大きな物語が。。。。。

こんばんは。
先日より開催している「兵庫県いけばな展」も本日より後期となり、終日会場に居たのですが、先輩や友達や仲間、そして光風流の皆さんがお越しくださって本当に嬉しかった、いけばなの光風流家元 内藤正風です。

img_5778

 

先日書いたブログ
スーツの上着のポケットについている「ふた」は出していますか?入れていますか?
が大好評で、沢山の皆さんから読んだよー!!とか、初めて知った!!とかってお声掛けを頂いて、こんなに沢山の方が私のBlogを読んでくださっているんだ~ってことを、改めて実感すると共に感謝の気持ちでいっぱいになっています。

そんな中、私はと言うと。。。。。
すっぱ抜かれました。。。
兵庫県いけばな展の会場で、、、

img_5708

 

屋内なのにポケットの「ふた」が思いっきり出ていました(笑)
ブログで書いていたのにスミマセン。。。。。(汗)

だって、僕って上着のポケットには物は入れないので、この日のジャケット、、、、、

img_5712

仕付け糸が着いままだったんだもん!!

うん、ポケットのふたが入るとかの次元ではなく、仕付け糸が付いたままでどうにもならなかったんだもん。。。。。

以上、兵庫県いけばな展の現場からお伝えいたしました。
(笑)

ちなみに仕付け糸はもう取りましたよ~

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。