朋あり遠方より来る、また楽しからずや

こんばんは。
酔いがさめてパソコンに向かっている、いけばなの光風流家元 内藤正風です。

酔い???って思われた方スミマセン。
今日は朝から酔っぱになっていました。

っていうのが、中国の友人が来日していて、今日は朝からBBQをしようって言うことで酔っぱになっていました。

IMG_3366
スミマセン、天気が良くて眩しすぎて、インカメしてもどんなふうに写っているのかよくわかっておらず、頭で2人隠しちゃいました(^^;

 

いやーもう楽しいですね。
楽しすぎます。

いつも中国で会っていた友人と日本で会うっていうだけで嬉しさだけではなく楽しさも百倍です。

孔子の「論語」に「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」とう言葉があります。
人生の楽しみの一つは、仲のよい友人と一緒に酒を酌み交わし、楽しく話をすることであるという意味です。
今日はまさにこの言葉のように、遠い場所から訪ねて来た友人と久しぶりに近況を報告し合ったり、意見を交換したり出来るのは、人生の大きな楽しみであると同時に、人生そのものを豊かなものにしてくれています。

って事で本日はご機嫌で寝ます。

おやすみなさい。。。。。

内藤正風PROFILE

内藤 正風
内藤 正風
平成5年(1993年)、光風流二世家元を継承。
お花を生けるという事は、幸せを生み出すという事。あなたの生活に幸せな物語を生み出すお手伝いをする、これが「いけばな」です。
光風流の伝承を大切にしながら日々移り変わる環境や価値観に合わせ、生活の中のチョットした空間に手軽に飾る事が出来る「小品花」や、「いけばな」を誰でもが気軽に楽しむ事が出来る機会として、最近ではFacebookにおいて「トイレのお花仲間」というアルバムを立ち上げ、情報発信をしています。ここには未経験の皆さんを中心に多くの方が参加され、それぞれ思い思いに一輪一枝を挿し気軽にお花を楽しまれて大きな盛り上がりをみせており、多くの方から注目を浴びています。
いけばな指導や展覧会の開催だけにとどまらず、結婚式やパーティー会場のお花、コンサートなどの舞台装飾、他分野とのコラボレーション、外国の方へのいけばなの普及、講演など、多方面にわたり活動し多くの人に喜ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。